2014年11月7日金曜日

ふと、


実は春に長年付き合った彼とお別れしていました。

覚悟してほしいって思うのは、自分のエゴだったかもしれないな、と

だいぶ長い時間が経ってしまったけれど、反省しました。

というのも、わたしが考える「結婚」と彼が望む「結婚」は

違ったんだろうなと思ったから。

わたしが結婚したかった理由。

もちろん彼のことがとても大事でこの人となら

大変なときも乗り越えていけるって思っていたという前提はあれど

●適齢期だから
●子どもがほしいから
●おばあちゃんを安心させてあげたいから

という理由もあって。

今になって考えてみればどれも自分本位な条件ばかりだな、と。

ちゃんと話し合って、彼の思うところも聴いてみたらよかったんじゃないかな。

と、今日お友達のお悩みを聴いていて思いました。

ずっと付き合ってきたからこそ、語らずに分かってくれるだろうだなんて

どうして勘違いしていたのかなぁなんて。

一番近いのに、一番遠い人になることはとても悲しいこと。

大事なお友達が悲しむのは嫌なので、

どうか良い方向にお話が進むといいなと思いました。



0 件のコメント:

コメントを投稿