2014年9月25日木曜日


最近、雑誌の撮影現場が前にも増して好き。

スタイリスト、編集、ライター、カメラマン。

いつもプロの仕事を見せてくれる。

彼らの手にかかると何気ないものが

宝物みたいに見える。

というよりは、宝物だと気がつかせてくれる。

空間を切り取って、文字でそれを伝える。

WEBでは文章も写真も無限に載せられるけれど、

雑誌ではスペースが限られているから、

文章も写真も洗練されたものでなければならない。

そういう一流のものに触れさせてもらえるということは、

このお仕事の醍醐味でもあるなあ。

とても良い経験をさせてもらっていることに感謝しなきゃ。

そして、これをしっかりと自分のやりたいことにつなげていこう。


0 件のコメント:

コメントを投稿