2013年4月22日月曜日

sleepy.abLIVE@東京キネマ倶楽部


昨日、約1年ぶりにsleepy.abのライブに行ってきた。

本当に、本当に素晴らしかった。

去年見たときより、いや、一番初めにみたときの衝撃より、

もっと凄い衝撃を受けた。

約1年前に津波さんが抜けてから、少し音が停滞していた気がしていたけれど

昨日サポートドラムの鈴木浩之さん(King)を迎えて初めて聴いた。

とっても良い、とっても良い!!

今回のアルバム「neuron」はsleepy.abの新しいスタートになることが実感できた

もうかれこれ6年ほど、sleepy.abを応援しているのだけれど、

いつも彼らは新しい気持ちと、ふわふわとした浮遊感をくれる。

成山さんの歌声は力強くって優しい。

あんな爆音で聴いているのにとても眠たくなる…。

眠たくなるというよりは、そのほかに何も考えられなくなる。

心地よすぎて。

頭の芯から蕩けるというのは、こういうことを云うのだなぁと思う。

というわけで、今日も昨日の浮遊感を残したまま、仕事をしながら

アルバムを無限リピートしているのでした。



実はsleepy.abは私の「かつて」大事にした人が教えてくれたバンド。

もう、彼に未練も何もないけれど、ときどきあの時、

「メロディ」のあのフレーズの話をしたのは、そういうことだったのかなって

思い出すことがある。


そんなことを思い出す、そんな夜。





0 件のコメント:

コメントを投稿