2012年3月24日土曜日

三季















春分の日。


久しぶりに1人(正確には一眼レフの大西と2人)で
白金から中目黒まで歩いた。


せっかくのいい天気だったから、
いてもたってもいられなくて。


まだ蕾はかたく、桜は咲きそうになかったけど、
閑散としてあまり人がいない目黒川沿いも
また良いものだと思った。


いろいろと考えながら歩いていると
人にぶつかりそうだし。





昨日知ったことばで「一花三季」ということばがある。


いけばなで使うことばなのだそうだけれど、
花にはつぼみ、花の盛り、散り際と
三回の見どころがあるということらしい。


お仕事でお世話になっている方のお店が
この「三季(さんき)」ということばを店名に取り入れている。
とてもいいと思うの。こういうことばの選び方。
日本人の感覚というのかな。いいことを教えてもらった。





0 件のコメント:

コメントを投稿