2011年12月19日月曜日

今日はなんだか心動かされることが多い。

親愛なる同期の、最終的に下した決断に

がんばってほしいと思う気持ちと

それを包み込む彼の気持ちの間で

なぜか私が揺れる。

好きな絵本にこんなシーンがある。

......................................

「ぼく、おつきさまにとどくくらい きみがすき」
とチビウサギ。

「それは、とおくだ」

「それは、とても、とても、とおくだ。」
とデカウサギ。

デカウサギはチビウサギこの葉のベッドに寝かせると
おやすみなさいのキスをして、

「ぼくは、きみのこと、おつきさままでいって・・・
かえってくるくらい、すきだよ」

......................................

すきの気持ちの大きさは

一緒になることはない。

それ自体を比べることに

意味はない。

だけど伝えること・伝え続けることには意味がある。

あなたたちはそれができる2人だと思う。

決断に幸あれ。

0 件のコメント:

コメントを投稿